LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は 412位です。

こんにちは、千代です(*^_^*)

8月の1回目と今日の2回目の新型コロナウィルスワクチン接種。

私はとてもこわがりで心配性。

痛みとか、体の調子の悪さとかとても気になるんです。

今回のワクチン接種に関しては、2度目の接種後の体調変化がとても不安。

こういう感情を持つことがダメなこととか
弱いなあと感じて自分をいつもどこかで責めていたり劣等感を感じていたり

昔はそれがすごくすごく辛かった。

今でも(たぶん)昔と同じようにとてもこわがりで、心配症なのは同じ。

だけど、こわいと感じることや、不安や心配をそのままさせてあげることにしました。

こわい、不安、心配というかたちで感情があがってくるということは自然なことだから。

人間にとって本当のマイナスになることって、

こわい
不安
心配

という自然に上がってくる感情を

『ダメなこととして否定』したり

それを感じるからって弱い人だと自分に『弱い人ラベル』を貼り付けたり

こわがったり心配性な自分に強烈な劣等感を感じたり

などなど・・・

なのですよ。

つまり、

私自身が私に『ダメ』って×バツをつけてしまうこと

なんです。

これつらいです。。。

だって、こわいし不安だし心配なんだもん。

これも私の感性のひとつ。

感性って、自分のそれを認めてあげることで
『活かす』というかたちで自分の表現として表に出してあげられます。

例えば整体の仕事で私の感性を活かしています。

私を通して受け取ったものは全て情報で、
それをどう使うかが問題。

感性の一部でも否定することは、
情報を遮断したり、情報量を狭めることにつながってしまうと考えています。

だから、良いも悪いも受け取るときには関係ないから、受信窓口が狭くなってしまうのです。

喜怒哀楽、私として受け取る感情。

おそれや不安、心配しているのをあたまから否定することは、
うれしい、楽しい、喜びといった感情の受信窓口も狭くしてしまうということなんです。

●○

2度目の接種を受けに行く道中、運転しながらふと思ったんです。

この不安感みたいなものは、今の私が感じているものなのかな?

メンタルをどーんと下に向かわせるような重たい不安感。。。

もしかしてこれ、いつかのトラウマ的な何かに反応しているのかもなんです。

コロナワクチンの接種を決めること、
接種前後の体と心のいろいろ

こわがりで、不安や心配も多いほうだとは思うけど

少なくとも、
おそれや心配、不安を増幅させている元は、今ではないいつかのものなのかもなって思っています。

こうやって気づいたりわかったりしたときは、今のじゃない、私のじゃない(時もある)感情はその都度解放してあげる。

今のじゃない、私のじゃないものがあるっていうことを知ってあげられると、複雑化させずに済みますし。

今のじゃない、自分のじゃない感情を解決しようとすると、もともとは自分のじゃないものについて、自分のバランスを変えてしまうことになるので、そういうことをやればやるほど複雑化しやすいですよね。

日々せっせと自分のなかをきれいにお掃除するように、受け取った感情とひとつひとつとお話しながらすっきりしていきます。

そうすると、無意識の領域の少しずつ少しずつ・・・・・が、しばらくすると大きな変化につながっていくのです・・・よ♡

●○

通院中のお客さまでワクチン接種の予定のある方には、接種前後にすると良い施術をさせてもらっています。

ワクチン接種についてのいろんな不安も聞きながら、
全体として今回のワクチン接種を選択したことがいい方向へ働くようにサポートさせてもらっています。

すでに接種をされたお客さまの中には、

「おかげで安心して接種を受けられました。」

とご報告いただいたりしています。

『自分が選択したことに安心が付いてくる』

のは、心身の健康にとても大きな要素です。

また、おそれ、不安、心配といった感情は、
自分の中に潜ませておくより
誰かに一度でも口に出して言えるって大事ですよ。

●○
1回目の摂取前から解毒と免疫力アップのためのセルフケアと
おっとりん院長にもワクチン接種のための施術をしてもらってきたので
引き続きせっせと続けます~。

さあ、お水たっぷりぷりぷり飲んだりもして全身の細胞ちゃんたちの活動を支援します。

あっ、コロナワクチン2回目接種後のためにお休みいただいていますので、どうぞよろしくおねがいします(^^)

LINEで送る
Pocket