【症例】子どもの頃のケガが今も痛む
LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は 411位です。

こんにちは。

千代です(*^_^*)




大人になった今でも




子どもの頃のケガや手術の後遺症があったり
その傷そのものが痛む




ということがあります。




そして、場合によっては、


予想外のところの痛みや不調が
昔のあの傷が原因になっている


という場合もあります。


・・・・・・・・・・・

子供のころ、お母さんの自転車の後ろに乗っていて、
足を車輪に挟んでしまった

これ、当院でも何人かの方にお聞きしている子どものころのケガのひとつです。

・・・・・・・・・・・・・


左足首のアキレス腱あたりによく見るとぐるりと縫った跡があるお客さま(40代女性)。
子どもの頃にできた自転車のそのケガだそうです。




今までは、
雨が降りそうになる曇り空のようなお天気の時に
その傷が痛み始めていたそうなんですね。


立ち仕事の仕事中も痛みが気になると言われていました。




その足首の傷も意識しての施術を何度か重ねてから、ご報告をいただきました。




楽しみにされていたお友だちとのディズニー旅行を
痛みなく楽しむことができたそうです♪






うれしいなあ。






梅雨時期のディズニーへ行き
お友だちと2万歩以上歩いて、
久しぶりのディズニーをお友だちと楽しまれたそうです。




梅雨時期らしく
曇り空だったり、
雨が降ったりやんだり


でも、
足の傷が痛くならなかったんだって。


たくさん歩いたから、
ふくらはぎとか筋肉痛になったりっていうのはあったそうなんだけど




雨雲がウロウロする空の下、
2万步以上歩いてディズニーを満喫しても
痛くならなかったんだって。




痛みがあったり
痛くなりそうって心配していたら


楽しみたいこともちょっとセーブしちゃったり
痛みがあると、どこかにストレス感じながらになっちゃうよね。




お友だちとのディズニー旅行を満喫されたお話を聞かせていただいて
私もとてもうれしいです。




・・・・・・・・・・
このお客さまは傷そのものに痛みがあったので、
ずーっとあったその痛みがなくなったというのがとてもわかりやすかったと思います。


人によっては
例えば腹部を切られている場合、
その切った傷に対してアプローチすることで


一生うまく付き合うしかないと思っていた腰痛がよくなった


というお客さまもいます。




手術や怪我の跡がある方で
その傷がいま起きている痛みや不調の原因になっていると考えられる場合




人によっては、
むかーしむかしのその傷が、
まさか今に影響を与えているなんて


知らなかった、
という方もいる・・・・


っていうか
気づかれていないことが多い・・・・


っていうか、
普通、なかなか気づかないかもしれませんね。


ですから、
当院の施術を受けられると、


病院や他のところへいろいろ行ったり、


いろいろやったりしてこられて良くならなかったり


原因がりませんとか言われて終わりだったり


で諦めていたようなところが






どんどん変化するっていうことがあるんですね。






当院の施術では、


今のあなたに影響を与えている


大元の原因にアプローチすることで、
今を快適に過ごせる状態になっていくことができます。






そして
施術を続けられていると、


その傷が原因だ


とご本人がわかったり、気づかれるようになるんですね。


だから、傷そのものはあったとしても、


その傷が元になって起こる不調に対して
それを自分でケアしていくことができるようにもなっていきます。←これ重要です






場合によっては、
積み重ねてきたと思われるいろいろを表面から取り除くようにしていきながら
大元の原因にたどり着いていく
という場合もあります。


無理なく安全に、そしてやさしく
あなたの元気が活動できる状態になっていくことができますよ。




誕生日に行った映画館のミッキーさん♡
私もディズニー行きたーーーい!!

・・・・・・・

シェア大歓迎です♡

もし私の考え方に共感してくれそうなお友だちがいましたら、このブログを紹介していただけるとうれしいです(*^_^*)

https://ten-ladies.com/blog/

・・・・・・・

私の近くにいると
なぜか癒されてしまうそうです(^^)

Tenレディース整体院
https://ten-ladies.com/
伊藤千代

LINEで送る
Pocket