こわい思いをしたその後に・・・
LINEで送る
Pocket

この記事を読むのに必要な時間は 318位です。

こんにちは、千代です。

台風が来た4日の火曜日。

午前のご予約は、定期的に通院されているお客さま。

ご都合でひと月空いて、やっときた予約の日でした。

Tenレディース地方へはこれから台風が近づいてくるというとき。

午前ひと枠の予約時間がちょうどその時でした。

「来てくれたところだけど、こんな天気で、もし帰ったほうがいいと思われたら今日はなしにして今から帰られてもいいですよ」

念のため、お着替えの前に確認しました。

台風のときの雨や風って、急変するし。

約1時間の施術が終わる頃にどうなっているかわからないし。

約1時間かけて来てくれてるお客さんだから、帰りの道中のことも気になるし。

来院されたときは、ちょっと風が強くなっていた頃。

「大丈夫です(^^)」

ということで、施術をはじめることにしました。

このひと月のお話を聞いて、ベッドに横になってもらい検査が終わってさあ施術を始めましょうというその時、

バチバチバチ~~~

突然屋根を激しく打ち付ける雨の音。

雨が強く降りはじめました。

風もみるみる強くなっていく。

激しい雨の音を聞いたお客さまは不安になられた様子。

「安全第一だから、もし天気がきになるんだったら、替わりの日を決めて今日は帰られてもいいですよ。」

「いいですか??」

ということで、
今日の施術はなしにして、数日後に改めての予約をして帰られました。

自分が安心できる選択を自分ですることも大切なことですよね。

午前中のうちに、午後いちのお客さまに電話したら、

「迷っていたところでした」

とのことで、この日の予約を別の日に変更。

前日の段階でもこの日の予約変更の電話を頂いている方もいました。

いろんなお気持ちで、来ようかやめようか迷われるんですよね。

安全第一です。

安心、安全、自分の身の安全を守るための決断をするのも練習なんだとおもいます。

心身の健康を守ることも

危険から自分を守ることも

自分が安心できる状態を作ってあげることも

練習するほど上手になっていくものなんじゃないかなと思います。

台風の日、強風で家が揺れるような状態が何時間も続き、とてもこわい思いをしました。

多分ですが、身体がストレスに感じたんでしょう、少しの間、頭痛がしました。

翌朝、こわい思いをしてなんだか体の中にウズウズして停滞しているような感覚があったので、そういう時によくやる解放をおっとりんに頼んで一緒にしてもらいました。

ちょっとスッキリ。

こわかった

不安だった

こういう経験をすることってありますよね。

その時の感情は放置せずに、感じたら何かしら対応してあげると、あなたのコンディションがより良くなって、そのあとの行動がより安全に、又はより安心しやすい、良い選択をしながら行動できるかもしれませんね。

そういう自分に合った方法を見つけておくって、大切なことかもしれません。

お久しぶりの。。。
整体を受ける母ちゃん待ちのはなちゃん。
はなちゃん、今日もすっごくかわいいね〜♡

LINEで送る
Pocket